便秘解消 サプリ

インフルエンザは風邪とは異なるもの

インフルエンザは風邪とは異なるもの言われているようです。症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、急な高熱となり、3日から7日は最低それが続きます。

 

 

 

型によって、筋肉痛、腹痛や下痢など症状が微妙に違います。時として、肺炎を併発したり、その上脳炎や心不全を起こす場合もあり、油断できない感染症です。インフルエンザに感染したことが判明すると学校などへの出席が5日間禁止になります。もし、インフルエンザに感染してしまっても、発熱の症状は数日で治まるので、いきたくなってしまうかもしれません。
たとえ平熱に戻っても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、他の人にうつしてしまうこともありえます。
なので、出席停止の期間を守ることが集団感染予防には必要なことです。

 

 

俗にいう乳製品以外にも、乳酸菌が入った食品があることを知り、乳酸菌について調べてみました。いろいろ探してみたら、乳酸菌は乳酸の菌ということじゃなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類全般のことなのだそうです。これは世間での常識ですか?私は30年以上生きてきて、とても驚いた事実です。
だいたい1〜5歳くらいまでの幼児がインフルエンザ感染し、高熱が出た後、急速に痙攣や意識障害、異常行動等の症状を引き起こすのがインフルエンザ脳症というものです。

 

 

 

インフルエンザ脳症とは、生命に関わることのある重篤な疾患であり、病気の回復した後に後遺症が残ってしまう場合もありえます。オリゴ糖は乳酸菌の数を増す成分として注目の存在となっています。オリゴ糖を投与された乳酸菌の働きはアクティブになり、内臓、悪玉菌が増えるのを阻害し、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。

 

乳酸菌とオリゴ糖はどちらも内臓の働き向上や健康には必要不可欠な成分だと主張することができます。
内臓の調子をしっかり整えておくと肌が美しくなると聞いて、ヨーグルトをたっぷり食べていた私ですが、実のところは、ヨーグルトと同様にお味噌や納豆といったものも乳酸菌を含む「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は摂取できるのは乳製品だけだと思っていました。これはちょっと恥ずかしい気持ちです。母は重度のアトピーです。どうやら遺伝していたみたいで。

 

 

 

アトピーになりました。いつも肌がカサカサになって、日々の保湿ケアが欠かせません。しっかりとスキンケアをしないと、外出も厳しいのです。

 

 

 

母を憎んでも仕方ないですが、私の子供に遺伝してしまったらと思うと、怖くなってしまいます。
娘のインフルエンザ対策の接種に出かけました。

 

 

 

私は怖くて目をつぶるのに、6歳ながら、注射の針を視認して注射針を注入されています。予防接種の後は怖かったーとつぶやしていました。

 

もっと怖いんじゃないかな?と睨みましたが、何も口できませんでした。